上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2010.05.03 ようやく春

     長い長い冬のような、梅雨のような季節がようやく終わりを告げるように、暖かい小春日和がこの連休が始まったと同時にやってきて、やっと春のおとづれを感じた今日この頃です。

     今年も3月末ごろからタケノコがたくさん顔を出し、これまでたくさんのお客さまに召しあがってもらい、又喜んでいただき苦労して掘った甲斐がありました。タケノコご飯に木の芽和え、煮物やお造りなどいろいろ利用できました。

    今年は野草茶に挑戦しようと各種の野草を摘んで乾燥させました。時間をみて試飲をしようと思っております。うまく利用できればお客様にも提供できるかも。

     ところで私事ですが、今年に入って歯槽膿漏で歯茎がはれ、この春まで医者に行っても効果もなく3カ月痛みで悩んでいたのが、春の七草のひとつ「ハコベ」が良く効くようで、試しに生のまま2~3日口の中を消毒するつもりでかじっていたら、歯茎の腫れがものの見事に治ってしまい、自分でも信じられないくらいで、野草の効能の素晴らしさを実感しました。とりあえず大量にハコベを絞り塩と混ぜどろどろになるまで乾燥させて歯磨きを作りました。

     先月末より「たいえたがやそう会」でも田植えの準備に入りました。なかなか参加できず偉そうなことも言えない立場であるうえに、百姓も素人であるため、また参加できた時の状況報告をさせてもらいます。

    スポンサーサイト
    2010.03.14 テレビの収録

    昨日13日読売テレビで4月に放映される旅番組の収録がありました。わが店を起用してもらうなんて嬉しい限りです。

    最初電話のあった時は信じられなかったものの、その後2回の打ち合わせや下撮りなどの作業が終え、ようやく実感がわいてきた。

    当日は朝8時にはスタッフの方が準備に入り、店の方も野草を摘み料理を完成させて待機。

    予定より少し遅れて10時ごろ「大竹まことさん、板東英二さん、田嶋陽子さん、うつみ宮土理さん」の4人と付き人さんやスタッフが到着。総勢15人ぐらいで早速撮影。

    さすが熟年の方々、みなさんおごるところもなく気さくで和やかな方ばかり。それに何と言っても仕事とはいえ、お歳のわりに元気元気。撮影風景は毒舌家で知られる4人のトークで笑いの連続。1時間ほどの収録が終わりやっと取れた写真がこれです。

    025   016

    放送日は4月4日の日曜日 昼の3時からだったと思います。番組名は「大竹・板東と美女二人、春の伊勢満喫の旅」です。興味のある方は是非見てください。

    030     033

    2010.03.10 春なのに♪

    この前まで何だこれは? と言うほど暖かくなったと思ったら、寒いうえにうっとおしい天気ばかりが続き、せっかく春の訪れに期待していたのに少し拍子抜け。

    鳴き出した鶯も、この寒さと天気であまり聞けなくなってしまった。

    ♪は~るよこい は~やくこい♪ といった気分。

    我が村「たいえたがやそう会」では、今シイタケ作りの準備中。

    山からクヌギの木を伐採し、1mほどに切った200本ほどの木に菌の植え込みが完了し、近いうちに山に入れる予定。入れた菌の数は10000個。1年半から2年後にシイタケができるらしく楽しみだ。今は去年にできた分をハウスに入れる予定で、そのハウスの製作中。

    これからお米のほかに、野菜も植える予定があるみたいで忙しくなりそう。

    ところでわが店「田舎茶屋 千恵」に、読売テレビからタレントを起用し、旅番組の中でわが店を利用していただけることになり、わくわくドキドキ。来ていただく方は、「うつみ宮土理さん、大竹まことさん、田嶋陽子さん、板東英二さん」の4人らしい。

    2010.01.11 2日間の日記

     昨日は高校卒業して40年目の同窓会がありました。

     驚くなかれ46人中27名の出席。それに83歳になられた先生も元気で、自らの運転する車で出席いただいた。多くは地元を遠く離れ会う機会のない懐かしい顔ぶれに触れるというのは、やはり過ぎ去りしよき時代を走馬灯のようによみがえるものだ。還暦にあと2年。次回の開催に欠けるものが無いことを祈りつつ、それぞれの家族の元へと帰途についた。

     この日は村の「綱打ち」の日だった。今では少なくなった風習が、ここ高家ではいまだに残っている。本当は今年で3度目となるはずだったが、同窓会と重なりうっかり忘れていた。

    004 011

    これは下高家の13軒で行っているもので、毎年第2日曜に各家持ち回りで世話役となりやっている。内容はあまりよく解らないので、参考に昨年参加した時の写真だけにとどめておこう。

          012

    013

     今日はたいえたがやそう会の初仕事。新たに田や畑などにする土地の草刈りと、中古の機械や資材の搬入を行った。新たな会員も増え、この会もいよいよ本格化しそう。

      新しい年もはやいものでいつの間にかもう5日に。

     この冬は暖冬だと聞いていたのに、去年の暮からの寒さは身にしみます。暮れのクリスマス前後に降った雪は、ここ高家では5センチ近く積り一面銀世界。大みそかの朝にも雪が降り、正月から今日にかけても寒い。おかしくなってきた季節感も一応まともな冬になったのかな?

     前回まで書いていた高家での米作り。7人が発起人となり、正式に  「たいえたがやそう会」  と命名しスタートしました。

     去年の暮れには何名かの発起人の方の負担で、大和平野を一望できる素晴らしい場所に立派な倉庫が完成し、巨大冷蔵庫に休憩所兼事務所も設置、井戸まででき、そこで30日にみんなが集まり餅つきをし、つきたてのおもちをおいしく頂きました。

    002 009

    015    昔ながらに薪でもち米を蒸し、臼と杵で威勢よく3升のおもちがつきあがり、炭火をおこした火鉢で焼くおもちは最高でした。

     今年は作付面積も増やし、うるち米も作ってかき餅などにも挑戦。その他野菜を作り加工品にも手を伸ばしていく予定となり、ますます夢は大きく実現に向かっていくようです。

     去年収穫できた 「ヒノヒカリ」 は、玄米30キロ袋で8,100円で販売しております。ただし今のところお持ち帰りの値段設定です。これから先、小袋入りや精米機を導入して白米としての販売も可能になってくると思います。(ちょっと宣伝でした)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。