上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    店内玄関の客室への上り口に「すのこ」を作った。
    玄関とホールの2か所に。

    すのこ1

    土間からあがり框まで25センチほどの段差があり、
    お年寄りには少しきつかったので「すのこ」と踏み台を作ることに。
    もともと踏み石があるのでその分をカバーする為ちょっと奥行きが大きくなったけど、まあ狭いよりましか。

     すのこ板は桧の間〆(けんじめ)[建築材で壁や屋根の下地に使う材料]が少し残っていたので不足分を材木屋で調達。これが一番安い木なので。

    幅を7センチに決め、節や腐れをチェックしながら使えるところをカット。
    この作業が一番手間がかかる。結局1/3は没。
    「すのこ」の框材は手持ちにないのでこれも調達。
    後は下地の桟を手持ちの残り材から作ることにした。
    踏み台はいつももらってくる釜戸で使う薪のいいところを利用。

    すのこ2

    全ての材を自動カンナ盤で加工、ペーパーをかけ柿渋を塗って完成。(9月末から10月末)

    すのこ2

    すのこ4

    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。