上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    現物にのっとって作図したのがこれ。
    大八車3

    材料を拾い出し、各部材の材料作りを終え、車輪から作ることに。
    車輪の詳細図
    大八車4

    これがまた大変。片輪だけで木の部品だけで25個にもなる。
    曲線加工が加わって両輪50個の部品をコツコツ作るのは、当初思っていた以上に大変。
    外輪にもフォークにもホゾ穴とホゾつけ、それに面加工を施して、ここまでの作業だけで
    丸一カ月もかかってしまった。
    大八車5

    大八車6

    大八車7

    大八車8

    大八車9

    大八車10

    今回は、ホゾ穴をあけるのにのみを作った。
    彫刻刀の平を両側削り落とし、1.5mmのノミができた。
    左は買った3mmのノミ、右が作ったノミ。
    大八車11

    問題の金具。両輪をつなぐ車軸にはアルミの6mm角と6mmパイプ、
    車輪の中心部の金物は適当に探してきた25mmの鉄パイプをカット、
    車輪の脱着用の金物はアルミの1mmの板で加工した。
    大八車12

    それぞれ見た目にきれいすぎるため、鉄錆をつける塗装を施した。
    全加工が終わった部品。
    大八車13

    さていよいよ組み立て。25の部品を歪なくきれいな円形に組むのに苦労した。
    大八車14

    大八車15

    正面からは丸に見えるのに側面から見たらぐにゃぐにゃ。
    それでもどうにか車輪らしく組み立てができた。
    大八車16

    次に荷台の加工
    全長70cmの側板を削っているところ
    大八車17

    荷台の完成
    大八車18

    完成品
    大八車19

    米俵を乗せてみた
    大八車20
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。