上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    いよいよ作業開始。

    まず軸組みの加工をやり、仮組みしたのがこれ。
    唐箕軸組1 唐箕軸組2

    次に板材は厚み1mm、2mm、3mmを使用。
    必要な幅にするため15mm~30mm幅の材を貼り付けて幅広の板にし、必要な長さにカットした。
    唐箕板カット

    風車の外板を糸のこで切ったのち軸組みに張り付け、
    風車外板

    風車を製作し、回転できるように軸は2mmの真鍮棒を使用。
    風車板組込

    軸組みのホゾの取り付けには本物と同様、楔(くさび)も入れた。
    楔

    選別した米の落とし口の製作。
    重い米、軽い米の選別用に2か所の出口があり、本物はブリキの鉄板張りだけど、
    薄い材料がなかったので0.1mmのステンレスを切断加工した。これが固い。銅板にする方が良かったかも。
    排出口

    次に内部に付く米の選別調整用部品の加工取り付けをやったのち、表裏を合体。
    組込前

    風車の外部の板張り。1mm厚の板を張り合わせて作っておいたのを糊張り。
    外板貼付前

    外板貼付中

    後は米の受け皿や備品などを取り付け完成。
    完成写真1
    完成写真2
    完成写真3

    幅374mm 高さ263mm 奥行113mm(受け皿140mm) 材料は全て桧。

    今月からは確定申告 あ~頭が痛い。
    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://inakadyayachieblog.blog.fc2.com/tb.php/61-54df38f4
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。