上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    去年(平成23年)に11月からスタートしてようやく完成。

    実はこれは開店当初からの気がかり。
    店ではご飯を釜戸で炊くため、その煙が店じゅうにもうもうと。

    釜戸01

    釜戸02

    移築前の古民家のままに、天井に煤竹を編んで屋根裏から換気口へ煙が抜ける予定だったけど、

    釜戸12

    釜戸13

    屋根が茅葺じゃないのでなかなか屋根裏から外へと煙が抜けてくれない。
    その上、2階を作ったのにこの煙のせいで煤だらけ。

    釜戸03

    釜戸04

    部屋として使い物にならない事も苦になっていた。
    それにお金がかかることも一つだけど、狭い天井裏で体の自由が利かず、
    周り全てまっ黒けの煤の中での作業が一番の苦に思っていたのが
    これまで我慢してきた原因。

    釜戸05

    釜戸06

    ともかく暑い夏が過ぎたらやろうと思っていたのでようやくふんぎりがついた。
    ただお金をかけ、苦労してその結果うまく吸いだしてくれるか?
    この懸念はいつもあるものの、
    とりあえず今よりましにはなるだろうと考えてスタートした。

    まず図面は去年に完成していたし、機械類も全て決定済みだったので、
    これらを注文して補足材の準備から。

    作業をするのに店の休みの日でないとかかれないため、
    できるだけ作業時間を縮めることに神経を使った。
    作業は天井の煙抜きの竹に全面蓋をして

    釜戸07

    直径15センチの穴2か所を開け、ダクト(蛇腹のパイプ)でそれを1箇所にまとめ
    直径20センチのダクトに変え斜流ダクトファンで吸い込んで外部へ。
    (これでうまく煙を吸ってくれるか不安だったけど、これ以上大きなファンを取り付けるスペースがないので決行)
    10日ほどで完成。いざご飯を炊いてみた。案の定能力不足。
    苦労の割に得るものが少なすぎた。天井に蓋をしているためよけいに煙が充満。
    今まで通り結局玄関と勝手口を開けて煙を抜くしかなかった。
    でもせっかくここまでやったのにあきらめきれず、もう一台ファンをつける事にした。

    天井の穴を20センチに変え、一カ所の穴を1台のファンで吸うことにした。
    無駄が多少出るがこれが素人というものだ。
    本来なら釜戸の上に煙を集めるフードを取付け、
    風量計算して機械を決め工事に入るんだけど、
    機能より見た目を重視したのと金額の問題からすべて自分なりにやってしまっている結果。
    これは覚悟の上なので納得済み。

    一部取り付けた部品を取り外し、吸い込み穴を15センチから20センチに変えてダクトを取り換え、
    外部の吹き出し口の穴をもう1カ所開け結果2か所に。

    釜戸15

    更にもう一台ファンを取り付けてこれにダクトを接続。
    電気の結線して完成。

    釜戸08

    釜戸09

    釜戸10

    釜戸11

    書けばこれだけなのに、屋根裏へ入る度に頭から足元まで煤でまっ黒け。
    作業をするのにつなぎの防護服みたいなのを着て、ゴム手袋をしての作業。
    その上作業場所が狭いうえに足元が天井なので踏み外すわけにいかなく、
    体の自由が利かないから作業効率が悪く、肉体的にも精神的にもまいってしまう。

    その後ご飯炊きで試した結果、完璧とまでいかないけどそこそこ煙を吸ってくれたし、
    2階にはあまり煙が行ってないので使えそうだ。
    店内玄関の客室への上り口に「すのこ」を作った。
    玄関とホールの2か所に。

    すのこ1

    土間からあがり框まで25センチほどの段差があり、
    お年寄りには少しきつかったので「すのこ」と踏み台を作ることに。
    もともと踏み石があるのでその分をカバーする為ちょっと奥行きが大きくなったけど、まあ狭いよりましか。

     すのこ板は桧の間〆(けんじめ)[建築材で壁や屋根の下地に使う材料]が少し残っていたので不足分を材木屋で調達。これが一番安い木なので。

    幅を7センチに決め、節や腐れをチェックしながら使えるところをカット。
    この作業が一番手間がかかる。結局1/3は没。
    「すのこ」の框材は手持ちにないのでこれも調達。
    後は下地の桟を手持ちの残り材から作ることにした。
    踏み台はいつももらってくる釜戸で使う薪のいいところを利用。

    すのこ2

    全ての材を自動カンナ盤で加工、ペーパーをかけ柿渋を塗って完成。(9月末から10月末)

    すのこ2

    すのこ4

    本来なら昨日の成人式の日の行う予定だったのが、昨日は朝から大雪。

    とんど1

    ここらでも10センチほど積もって、今日の朝は道の雪かきをする羽目になってしまった。

    雪の残る寒~い一日だったけど、
    今日はまずまずの天気でうまく事が運んだ。

    竹を重ねていき藤づるで縛りながら最後に正月のしめ縄と藁を周りに於いてできあがった。
    みんなが持ち寄った竹が今年は多かったのか大きなのができた。

    とんど2

    とんど3

    とんど4

    とんど5


    5時ではちょっと明るかったがあまりに寒いので点火。

    とんど6

    とんど7

    とんど8

    最後に残った火種をもらって帰り、ぜんざいを炊くのが習わしらしい。
    2013.01.14 ◆村の綱作り
    1月の第2日曜(1月13日)に行われる毎年恒例の綱作りがやってきた。ここ高家には6組に分かれ組ごとになにがしかの行事があり、我々1,2組での年明け初めての行事がこの綱作り。
    13軒が当番制で再来年が我が家に回ってくる。今から気が重たい。

    ここの綱は雄らしく、太い縄を編んだ先に男性の象徴を作り、担当した家の家内安全等を祈って所定の場所へ綱を張って終了となる。

    作る綱は太さ10センチ程で長さは24尋(ひろ)[両腕を広げた長さが1尋]。約36メートルかな?
    各家が持ち込んだ藁をみんなでこそげてきれいにし、3人で次々その藁を継ぎながら思いっきり引っ張って太い縄を編んでいく。

    綱作り1

    綱作り2

    奥ではこの縄を引っ張って木に結いつけるための普通の縄を編んでいます。
    男性の象徴が完成

    綱作り3


    ゴヘイや樫の木を準備し、編んだ縄をとぐろに巻き、洗い米と塩と灯明を供え、般若心経を唱えていざ出発。

    綱作り4

    綱作り5


    目的地まで100メートル程、酒の入った勢いで一気に到着。

    綱作り6

    綱作り7


    ここで道の両側の木に結わいつけて完了。ご苦労様でした。
    やっとの思いでポストを完成させたものの、
    あれもこれもとやりたい事が出てきていつも気が焦っているって感じ。
    ポストの後に手掛けたのが、

    ①「すのこ」づくり(9月末から10月末)

    ②釜戸の排気(11月から12月初め)

    ③道案内板のリニューアル。(11月末から現在進行中)

    ④玄関前の土入れ(12月29日)

     開店から5年目ともなってくると色々支障が出てくる。
    玄関前の道はどうしても車が通るし、山側へ傾斜させているので、
    雨のたびに土が流れて5~10センチほど下がってしまった。

    土入1

    土入2

    今回思い切って土入れを。
     
    土入3

    土入4

    これで2トンダンプ2台も入った。知り合いから転圧機を借りて完成。
    土入6

    土入5

    当分安心。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。